SEOとは?

検索サイトはどのようなシステムで検索結果を表示しているのか

インターネットを利用している人が特定のテーマについて情報を探したい場合、検索サイトにテーマの名前やテーマに関連するキーワードを入れて探すのが一般的です。たとえば、特定の映画について知りたい場合は映画のタイトルを入力し、その映画に出演していた俳優の名前がわからないので調べたいという場合は、映画のタイトルと役名を入れて検索してみるわけです。
すると、検索サイトはキーワードについて詳しく書かれているサイトのリンクを表示してくれます。たいていの場合、上にあるリンクほど検索に使ったキーワードと関連が深いサイトのアドレスなので、一番上のリンクをクリックすれば、キーワードについて詳しく知ることができる可能性が高いです。

検索サイトを解析してサイトの表示順を上げる対策がSEO

では、検索サイトはどのようにして検索キーワードと表示するサイトのリンクを関連づけているのかというと、すべてプログラムで行っています。
このプログラムの解析システムを推測し、できるだけ高評価を受けるようにするというのがSEO、つまり検索エンジン対策の考え方です。検索サイトのプログラムが、なにを基準にサイトの重要度を判断しているのかを研究して、それを反映させることで検索結果ページの上位にリンクが表示されるようにします。
以前は、プログラムが、ほかのサイトからリンクがたくさん張られているサイトを上位に表示にするという判断をしていたので、表示順位を上げたいサイトに対し、手持ちのサイトでリンクを張りまくるというSEOが主流でした。しかし、現在はサイト内のコンテンツの数や文章量が重視されているので、SEOもコンテンツを充実させるという形に変わっています。