HTMLの最適化

古いサイトのHTMLは間違った書き方をされていることが多い

何年も前に作って運営を初めてホームページは特別なSEOを行ってなくても、検索サイトに高く評価される傾向があります。なぜかというと、古くから維持されているサイトはコンテンツの量が新しいサイトと比べると豊富で、また、訪問者からの信頼を得られている可能性が高いからです。
しかし、作られたのが古ければ古いほど、HTMLの書き方がおかしいケースも珍しくありません。そういったサイトは、HTMLを最適化することによって、さらに万全のSEO対策が可能になります。では、具体的に古いサイトのどういった部分のHTMLがおかしくて、どのように書き直せば最適化されるのでしょうか。
まず、一番問題を抱えている可能性があるのはタグの書き方です。

タグを正しいものに書き換えることで最適化できる

HTMLにおけるタグとは、文章を定義する意味があります。たとえば、タイトルタグで挟んだ文字列はホームページのタイトルとして定義され、引用タグで挟んだ文字列は、ほかのサイトや出版物からの引用文であるという定義になります。検索エンジンはタグによる定義を見て、コンテンツのどの部分がどういうものなのかを判断しているのです。
しかし、SEOをまったく考えずに作られたサイトの場合、フォントタグと太字タグの組み合わせで文字を大きくしタイトルにするといった風に、見た目だけの判断でタグをつけていることが多く、検索エンジンのプログラムがきちんとコンテンツを解釈することができないようになっています。
なので、文字列の役割に合わせてタグをつけ直すことで最適化され、SEO的にも優れたサイトにすることができるのです。